FX  REPORT    13th  Sep.  2017    アジア市場 
 
市場サマリー
9月13日のアジア市場でドル円は一時110円割れとなるなど、やや軟調な展開となっている。
北朝鮮を巡る懸念がやや和らいだことなどからリスク回避の巻き戻しが一服している。
現在、ドル円は109.976で推移している。(15:22)

9月13日のアジア市場でユーロドルは一時1.2ドル近辺まで上昇している。
その後も堅調に推移している。
現在、ユーロドルは1.19824で推移している。(15:30)
 
テクニカル分析
EURUSD
4時間足を見ると、ユーロドルは下落していることがわかる。
MACDは0ラインより上方で推移しており、RSIは50付近で推移している。
レジスタンスは1.20130となっている。
USDJPY
4時間足を見ると、ドル円は反落していることがわかる。
MACDはライン上方で推移しており、RSIは50より上方で推移している。
レジスタンスは110.260、サポートは109.645となっている。