FX  REPORT    12th  Sep.  2017    アジア市場 
 
市場サマリー

9月12日のアジア市場でドル円は109円台前半でのもみ合いが続いている。
日経平均が200円超上昇したものの、利益確定の売りが入っていることもあり、上値が重くなっているとみられている。市場筋からは、「国連が北朝鮮に対する制裁決議を全会一致で採択したことでドルの買戻しが入りやすい」との声もある。現在、ドル円は109.331で推移している。(15:27)

9月12日のアジア市場でユーロドルは小幅に上昇した。
ECB副総裁の講演が控えていることもあり、様子見ムードになっているとみられている。
市場筋からは「1.20ドルを上抜けられるかに注目」との声もある。
現在、ユーロドルは1.19700で推移している。(15:30)

 
テクニカル分析
EURUSD
4時間足を見ると、ユーロドルは下落していることがわかる。
MACDは0ラインより上方で推移しており、RSIは50付近で推移している。
レジスタンスは1.18300、サポートは1.17100となっている。
USDJPY
4時間足を見ると、ドル円は上昇していることがわかる。
MACDは0ライン付近で推移しており、RSIは50より上方で推移している。
レジスタンスは110.580、サポートは108.600となっている。