FX  REPORT    12th  Sep.  2017    欧米市場 
 
 
市場サマリー

9月11日のニューヨーク市場でドル円は上昇した。
国連の北朝鮮制裁で米国が譲歩する姿勢をみせたことから、リスク回避の動きが弱まり、ドル買いが進んだとみられている。
また、上陸したハリケーンの勢力が弱まっていることも支援材料となった。
市場筋からは「今後も北朝鮮への動向には注目したい」との声もある。
現在、ドル円は109.319で推移している。(8:49)

9月11日のニューヨーク市場でユーロドルは下落した。
ECB高官の発言を受けて、高値警戒感からユーロ売りが進んだとみられている。
市場筋からは「1.20ドルが心理的な節目となっている」との声もある。
現在、ユーロドルは1.19599で推移している。(8:53)

 
テクニカル分析
EURUSD
日足を見ると、ユーロドルは下落していることがわかる。
MACDは0ラインより上方で推移しており、RSIは50より上方で推移している。
レジスタンスは1.20000、サポートは1.19100となっている。
USDJPY
日足を見ると、ドル円は上昇していることがわかる。
MACDは0ラインより下方で推移しており、RSIは50より下方で推移している。
レジスタンスは110.000、サポートは108.600となっている。
GBPUSD
日足を見ると、ポンドドルは上昇していることがわかる。
MACDは0ラインより上方で推移しており、RSIは50より上方で推移している。
レジスタンスは1.32200、サポートは1.31000となっている。