FX  REPORT    11th  Aug.  2017    欧米市場 
 
 
市場サマリー

10日のニューヨーク外国為替市場では、ドルが朝方の上げを維持できず下落。

11日発表の米消費者物価指数(CPI)を待つムードもあり、明確な方向感は出なかった。

 

一方で、円は安全逃避需要の高まりから、主要通貨に対し上昇した。

 

米利上げの先行きは米消費者物価指数(CPI)の発表が鍵となるが、

悪材料が出れば、下げが強まる恐れが意識される。

 

【本日発表予定の主な経済指標】

21:30米国7月コア消費者物価指数(前月比)

21:30米国7月消費者物価指数(前月比)

21:30米国7月消費者物価指数(前年比)

 
 
テクニカル分析

EURUSD

 

EURUSDの日足チャートをみると、昨日の終値はやや上昇し1.17710

RSI60付近。短期的なターゲットは1.18420。ストップロスは1.16700

 

 USDJPY

USDJPYの日足チャートをみると、昨日の終値は続落し109.214

RSI30付近。ストップロスは108.320

 

GBPUSD

GBPUSDの日足チャートをみると、昨日は終値は下落し1.29793

RSI 46付近。短期的なターゲットは1.30600、ストップロスは1.29115