FX  REPORT    14th  Jul.  2017    アジア市場 
 
市場サマリー

東京外国為替市場ではドル円相場が1ドル113円台前半で推移。

消費者物価指数など注目の米経済指標を見極めようとの姿勢が広がり、小幅な値動きとなった

朝方は堅調な株価を背景に全般的に円売りが優勢だった。

 

ドル円は、一時113.5432営業日ぶりの水準まで上昇。

午後は米長期金利とともに伸び悩み、113.105まで下げる場面が見られた。

 

【本日発表予定の主な経済指標】

21:30米国6月消費者物価指数(前年比)

21:30米国6月小売売上高(前月比)

23:00米国7月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値

 
 
テクニカル分析

EURUSD

EURUSD4時間足チャートをみると本日は1.14を挟んで小幅な値動き。

RSI51付近。短期的なターゲットは1.14700。ストップロスは1.13300

 

USDJPY

USDJPY4時間足チャートをみると本日は113円台前半での取引となった。

RSI42付近。短期的なターゲットは114.000。ストップロスは112.800