商品デリバティブ  REPORT    12th  Sep.  2017    日刊 
 
 
市場サマリー

9月11日の金相場は反落した。
フロリダに上陸したハリケーンが熱帯低気圧に変わったことで、リスク回避の姿勢が弱まったとみられている。
市場筋からは「対ユーロでドルが反発していることで金の割高感が出ている」との声もある。
現在、金相場は1326.90で推移している。(9:00)

9月11日の原油相場は反発した。
OPECと非加盟国の協調減産が再延長されるという思惑が強まっていることを受けて、原油買いが進んだとみられている。市場筋からは「短期的には上昇トレンド」との声もある。
現在、原油相場は48.08で推移している。(9:03)

 
テクニカル分析
XAUUSD
日足を見ると、金相場は下落していることがわかる。
MACDは0ラインより上方で推移しており、RSIは50より上方で推移している。
レジスタンスは1340.00、サポートは1300.00となっている。
CL_
日足を見ると、原油相場は上昇していることがわかる。
MACDは0ライン付近で推移しており、RSIは50付近で推移している。
レジスタンスは49.70、サポートは47.00となっている。
 
発表済の重要指標及びイベント