• 予備知識
  • > >
  • 店頭FX、商品CFD、証券CFDの税金について
  • 店頭FX、商品CFD、証券CFDの税金について

    税制「申告分離課税」
    ■店頭FX、商品CFD、証券CFD取引の税制が一本化
    2012年1月1日以降、個人であるお客様が行った東岳証券の店頭 FX、商品CFD及び証券CFDでのお取引は、申告分離課税が適用され、税率が「一律20%」となります(所得税15%・地方税5%)。
    ■損益通算が可能
    取引所取引「くりっく365」等、市場デリバティブ取引で発生した損失と店頭デリバティブ取引で発生した利益を損益通算することが可能になりました。
    ■3年間の損失繰越控除が可能
    2012年1月1日以降に行われる店頭FX、商品CFD、証券CFD取引で発生した損失は、その翌年以降3年間に渡り店頭デリバティブ取引及び市場デリバティブ取引で発生した利益からこの損失を控除することが可能になります。
     
     
    但し、損失繰越控除を適用している間はお取引の有無に関わらず毎年必ず確定申告を行う必要がございますので予めご注意ください。
    ※給与所得者で一定の条件を満たし、給与所得・退職所得以外の所得合計が20万円以下の場合は、確定申告が不要となることがあります。
    ※平成25年1月1日から平成49年12月31日までの25年間は、所得税額に2.1%を乗じて計算した金額が復興特別所得税としてあわせて課税されます。
    法人のお客様が行った店頭FX等で発生した益金は、法人税に係る所得の計算上、益金の額に算入されます。お客様の状況により異なります。
    税制が改正された場合等は、上記の内容が変更になることがあります。
    詳しくは管轄の税務署や国税局タックスアンサー又は税理士等の専門家にお問い合わせください

    参考ホームページ
    国税局タックスアンサー

    © TOGAKU Securities Co.,Ltd. AboutPrivacy policy取引リスク等の重要事項重要事項関連(約款・取引説明書等)スマートフォン