顧客の特定取引に関する届出書について
 

お客様各位

【重要なお知らせ】税務上の居住地国等の届出書のご提出のお願い

  2017年1月1日、国税庁が「租税条約等の実施に伴う所得税法、法人税法及び地方税法の特例等に関する法律(実特法)」を改正し、非居住者に係る金融口座情報の自動的交換のための報告制度(CRS)を導入しました。

  これに伴い、本年1月1日以降新規に金融機関に口座を開設されるすべてのお客さまは、税務上の居住地を記載した届出書の提出が必要となりました。なお、税務上の居住地に日本以外の居住地があり、その居住地が報告対象国である場合、お客様の口座情報等を年1回、弊社より国税庁に報告することが義務付けられております。
  お客さまにおかれましては、税務上の居住地国等の届出等に関して、ご理解とご協力をいただきますようお願い申しあげます。

口座開設時、税務上の居住地が日本のみを選択した
お客様は、届出書を提出したものと見なします。


【該当するお客様】
税務上の居住地が日本のみ以外を選択したお客様

つきましては、上記該当するお客様は、「税務上の居住地国等の届出」が必要となりますので、弊社カスタマーサポート( 0120-982-388または03-5521-1388 )までご連絡ください。

 
何卒今後ともご愛顧をいただきますようよろしくお願い申し上げます。